リビング

三鷹の住宅を家族の事情にあうようにリフォームするポイント

玄関を別にするのが二世帯住宅のリフォームで大事なこと

ダイニングテーブル

すでに引退して穏やかな生活をしている親の世帯と、仕事や育児で忙しい子どもの世帯では、1日のサイクルが違います。二世帯住宅へのリフォームは専門業者に依頼するのがおすすめで、限られた予算でも上手に玄関を別にしてくれます。よくある1階と2階で分ける間取りでは、特に玄関でちょうど良い距離を保つことがポイントになります。外に階段を作って、新たに玄関ドアを設置するだけが二世帯住宅のリフォームではありませんので、1人で悩まずにまずは相談してみましょう。三鷹のリフォーム専門業者は中立の立場で二世帯住宅のリフォームを手掛けているので、夫や妻、高齢者といった多角的な視点を持っています。そのため、できるだけ予算を抑えて共有型にしたときに関係が険悪になった等のトラブルを熟知しています。ですから、顧客に対して現実的な解決策を盛り込んだプランを提案しているのです。たとえば、共有の玄関でも世帯ごとに適度な距離感があるレイアウトにすることで、大部分のストレスを防ぐことができます。自宅への出入りで他の世帯に干渉されないと、共同生活が一気に楽になります。完全共有型だから玄関もオープンというのは早計で、よく顔を合わせるからこそお互いのプライバシーを守ることに気を配らなければいけません。

headline

Copyright © 2020 三鷹の住宅を家族の事情にあうようにリフォームするポイント All Rights Reserved.