リビング

三鷹の住宅を家族の事情にあうようにリフォームするポイント

1階と2階に分かれる二世帯住宅へリフォームする際に注意すること

大きな窓と椅子

二世帯住宅へリフォームする際に、1階には親世帯、2階には子ども世帯が住む選択をすることは、お互いの生活を快適に過ごすためによくある話です。しかし1階に住む人にとって2階の足音は気になりやすいですし、一戸建てはマンションやアパートの様に階下に対して防音対策を注文しない限り、防音対策がされていない可能性が高いです。そのため二世帯住宅へリフォームする場合は、1階へ音が響かないように防音対策をすることも大切です。例えば家の気密性と断熱性を高める方法があります。断熱材は外の暑さ寒さを遮断するだけでなく、壁の中に伝わった音を吸収する働きもありますし、気密性を高めることで音が漏れることを防げます。また1階のリビングの上に子ども部屋のような子どもが動きやすい部屋やスペースを配置しないようにしたり、同様にトイレやシャワールームのような水の流れる音がする設備をリビングの上に設置しないことも大切です。二世帯住宅へのリフォームは専門業者に依頼して建てるので、1階へ配慮できる間取りを相談したり、建材を素材までこだわって相談すると良いかもしれません。お互いに気を使う設計を最初にすることで、その後、快適な生活を送ることが可能になります。価格は高くなるかもしれませんが、安く建て、トラブルが起こるよりも良いでしょう。

headline

Copyright © 2020 三鷹の住宅を家族の事情にあうようにリフォームするポイント All Rights Reserved.