リビング

三鷹の住宅を家族の事情にあうようにリフォームするポイント

玄関によって異なる税金と二世帯住宅へのリフォーム

キッチン

二世帯住宅へリフォームする際に、必ずと言っていいほど出る問題が玄関をどうするかということです。玄関を2つに分けることで、お互いの生活に干渉することを防げますが、玄関が2つになることで、1つの土地に対し2つの住居があるとみなされ、それぞれの住居に対して税金がかかり、固定資産税が高くなることがあります。しかし玄関が1つですと、1つの土地に対し1つの住居として固定資産税を算出するので、固定資産税が安くなります。二世帯住宅へのリフォームは専門業者に依頼して行いますが、その際に固定資産税がどの程度、変わるかを聞いてみると良いかもしれません。専門業者は税金のプロではないので、確かな金額までは計算できませんが、家に関する知識があるので、ある程度の目安を教えてくれる可能性があります。固定資産税は家が新しいかどうか、どの様な建材や素材を使っているか等だけでなく、建てられているエリアに応じても変わります。そこで二世帯住宅へリフォームする家のエリアの固定資産税がどの程度なのかを三鷹のリフォーム専門業者に確認しましょう。玄関が1つの場合と2つの場合で、どのように固定資産税が変わるのか、税金が高くなっても玄関を2つにすることが良いのか、お互いが暮らしやすくするためにはどうするか等を相談して決めると良いでしょう。

headline

Copyright © 2020 三鷹の住宅を家族の事情にあうようにリフォームするポイント All Rights Reserved.